クリニックとサロンで異なる脱毛の特徴と効果

自らの毛の質や量に対してコンプレックスを感じている女性は意外にも多く、中にはカミソリや毛抜きなどを使った自己処理では飽き足らずエステサロンや美容クリニックなどの専門施設で、「脱毛」を行う事によってコンプレックスを解消しようと考える人も数多く居ます。
女性が専門的な脱毛を考えた場合、多くの人は先ず最初に「エステサロン」に通う事を検討しますが、その人の毛質やムダ毛の量によっては美容クリニックのような「医療機関」で脱毛を行った方が良い場合もあります。美容クリニックで行われる脱毛とエステサロンで行われる脱毛の特徴や相違点には幾つか挙げられますが、決定的に違うのは脱毛に使用される「光の出力」です。

通常、エステサロンやクリニックではムダ毛のメラニン色素に反応する性質を持つ「IPL」や「医療用レーザー」といった特殊な光を用いて脱毛を行います。脱毛の仕組みやメカニズムはほとんど同じですが、決定的に違うのは光の出力の差です。エステサロンで用いられるIPL脱毛は光の出力に制限がある為、限定的な効果しか得られませんがお肌に負担やリスクを与える事なく脱毛できるという特徴があります。一方でクリニックでの脱毛には医療用レーザーが使用されるので、強い出力の光で一気にムダ毛へのダメージを与える事が出来ます。

しかし、クリニックでの脱毛はお肌への負担やリスクがサロンでの脱毛より高く、さらに少々強い痛みを伴うので痛みや刺激に弱い女性は避けた方が無難です。

http://clinic.e-kuchikomi.info/datsumo/pref_12/area_ss11
TOP