永久脱毛の仕組みやメカニズムを知ろう!

エステサロンや美容外科クリニックなどの専門施設で女性が脱毛を行なう場合、ほとんどの人は「永久脱毛」を目指すという動機の下でサロンやクリニックを訪れます。

また、エステサロンやクリニック側もその人の毛の質や量を見ながら、永久脱毛が可能かどうかを判断して脱毛の施術を行っていきます。
一昔前までは永久脱毛と聞くと、毛穴のひとつひとつに電気針を挿入して微弱な電流を流し、そこで発生した熱エネルギーによって毛根を細胞レベルで破壊していく「ニードル脱毛」と呼ばれる施術をイメージする人が大半でしたが、現在ではより痛みやコストを軽減できる「光脱毛」によって永久脱毛を目指す事になります。ちなみに日本における永久脱毛の定義は「脱毛の施術後、一年以内の体毛再生率が2割以下である事」とされています。

永久脱毛と聞くと施術した部位のムダ毛がその後、一生涯に渡って生えてこなくなるというイメージを抱く人は多いかと思いますが、現在のエステサロンや美容クリニックで行われている光脱毛でパーフェクトな永久脱毛を目指すのは現実には「不可能」と言えます。何故ならどんなに施術を繰り返してムダ毛の再生率を下げたとしても、将来的に何かしらの刺激がキッカケとなってムダ毛が再生する可能性はゼロではないからです。

サロンやクリニックではムダ毛の成長を支える組織や細胞に特殊な光で可能な限りダメージを与えて再生率の低下を目指しますが、どちらかと言えばエステサロンで行われるフラッシュ脱毛よりもクリニック等で行われる「レーザー脱毛」の方が永久脱毛に近い効果を得ることができます。何故なら、レーザーにはムダ毛の成長を支える細胞や組織を根絶する事が出来る「65度以上」の熱エネルギーを発生させる能力があるからです。

町田・多摩・相模原の医療脱毛・レーザー脱毛おすすめ病院ランキングで|で美容医療の口コミ広場
TOP